初期症状をチェック【老眼が始まると光を捉える能力が落ちてしまう】

40代から増える目の症状

メガネと書物

原因をチェックしよう

老眼は40代を過ぎると増える目の症状で、初期症状としてはピントが合いにくい・近くの細かい文字が読み難いなどが挙げられます。人は加齢によって身体の筋肉が衰えて細くなりますが、実は目の周りにある筋肉も年齢を重ねることで衰えるのです。老眼が起こる仕組みは毛様体筋という筋肉の衰えと、年齢を重ねたことで水晶体自体が硬くなったということが挙げられます。毛様体筋を収縮させて水晶体の厚みを薄くしたり、逆に厚くしたりして人は目で物を見ることができるようになっています。遠くを見る際は毛様体筋がゆるんで水晶体は薄くして、近くを見るときは毛様体筋を縮ませて水晶体を厚くしてピントを合わせているのです。年齢を重ねると水晶体が硬くなり厚さを変えにくくなることに加え、毛様体筋が衰えてさらに厚さを調節できなくなります。ですので老眼の初期症状として挙げられる、ピントが合いにくいや小さい文字が読みにくいといった症状が起こるのです。ただ、このような初期症状が現れた時点で適切なケアを行えば、老眼の進行を緩やかにしたり老化を予防できるとも言われています。ピントが合いにくいといった初期症状を感じる人は、水晶体の厚さを調節する毛様体筋を鍛えるトレーニングを行ってみましょう。トレーニングといっても方法は簡単でパソコンやスマホなど、目を酷使することをしたあとに遠くの景色と近くの景色を交互に見るだけです。まずペンなどを持って近くを見る動作を3秒程度行った後、今度は遠くの景色を見る動作を同じく3秒ほど行います。この動作を3セットすることで毛様体筋のトレーニングに繋がり、ピントが合いやすくなると言われています。

Copyright© 2019 初期症状をチェック【老眼が始まると光を捉える能力が落ちてしまう】 All Rights Reserved.