初期症状をチェック【老眼が始まると光を捉える能力が落ちてしまう】

満足できる眼鏡を選べます

老眼

早めの対策が大事です

老眼は誰にでも起こる眼の老化現象で、40代頃から症状が出やすくなり45歳以上で老眼鏡を使用する人がかなり増えると言われています。その初期症状としては近くの細かい文字が見づらくなったり、距離を変えて見る時にピントを合わせにくくなることなどが挙げられます。このような初期症状をそのままにしておくと、眼精疲労が強まって頭痛や肩凝りなどの体全体の症状が出たりするので、早めに初期症状を治すことが大切です。そしてこの場合には自分の目の状態に合った老眼鏡を使うことが必要になるため、視力だけでなく距離に対する見え方の違いをチェックした方が良いでしょう。老眼鏡には遠くから近くまで見やすい遠近療法メガネの他に、手元から1m先程度までがよく見えるような近々レンズがあります。さらに手元から3〜5m程度がしっかりと見えて部屋の中での行動がやりやすくなる、室内向け中近レンズという老眼レンズも存在します。なお、このような中から選ぶ場合は外出のときと、デスクワークなどの仕事のときなど、色々な状態に適したメガネを2種類以上持つようにするとプラスになりやすいでしょう。また、老眼鏡が自分の目に合っていないとその場合も眼精疲労が起こる可能性があるので、老眼鏡を専門的にしっかりと扱う店や眼科医でまず検査をしてもらうことが大事です。自分に適した老眼鏡を購入した場合は、体の健康にも生活面にも良い影響が出て、またそのメガネを販売した店に相談などもしやすいのでその点でも満足できるでしょう。最近ではパソコンやスマホをたくさん使用することによって若い世代までが老眼の初期症状が出やすくなっているため、その場合も早めに老眼鏡の購入をお勧めします。

Copyright© 2019 初期症状をチェック【老眼が始まると光を捉える能力が落ちてしまう】 All Rights Reserved.