初期症状をチェック【老眼が始まると光を捉える能力が落ちてしまう】

40代以降に多く自覚

女医

早い年代から意識を

老眼は40代以降に多くの方に初期症状が現れ始めますが、パソコンや新聞や雑誌、スマホなどの近くの文字のピントが合わなくなってきた事で、初期症状を自覚する方が多くいます。老眼の初期症状が起こる原因は、水晶体の弾力の低下に伴い周辺の筋肉が衰える事で、上手くピント調整ができなくなってしまう事によるものです。老眼の初期症状は40代以降に自覚するケースが殆どですが、実際には水晶体の弾力低下や周辺の筋肉の衰えは10代後半には始まるので、早い年代から老眼の初期症状予防を意識する事が大事です。予防対策として簡単に出来る水晶体の周辺の筋肉へのアクションとして、眼球をくるくる回したり近くと遠くを交互に見るなどのエクササイズが老眼予防や改善に効果的です。もう一つは、パソコンやスマホ、テレビなどから発せられる目に悪影響を及ぼすブルーライトへの対策が、老眼予防に効果的です。これはスマホなどの機器のブルーライトカットモードの活用や、ブルーライトカット眼鏡の着用、長時間の使用を控えたりインターバルを置くなどによって対応出来ます。また目の血行を促進する効果が期待出来るビタミンAやルテインなどの成分を、普段の食事の中で意識的に摂取する事も老眼予防に効果的です。ビタミンAやルテインを多く含む食材としては、イチゴやブルーベリーなどベリー系が挙げられ、毎日食品で摂取するのが難しい場合にはサプリメントを活用するのが手軽です。

Copyright© 2019 初期症状をチェック【老眼が始まると光を捉える能力が落ちてしまう】 All Rights Reserved.